2023年11月29日

つのだゆーこ プロフィール

368571317_1027305241905223_8203846260561244906_n.jpg

つのだゆーこ

東京都豊島区生まれ
幼少のころから歌うのが好きで,ブラスバンド,合唱団などを経て2010年よりクラシックギターを柳真一郎に師事
Jazzヴォーカル活動の後,ボサノヴァ弾き語りを山本のりこに師事し,ギターによる弾き語りに転向
現在は首都圏を中心にライブ活動中
愛用ギター:テオドロ・ペレス/コンシェルト,630mm

好きなこと:水彩画,犬,海外一人旅
愛玩動物飼養管理士1級,フリー医学書編集者,出版学修士(London, City University)

ライブ情報は↓
https://lit.link/tsunodayuko

YouTube
https://www.youtube.com/@yuko_tsunoda

Instagram
https://www.instagram.com/yuko_tsunoda/
posted by higashino at 10:35| Comment(0) | 出演者プロフィール

2023年11月08日

飯島ゆかり プロフィール

member_06.jpg

飯島ゆかり:パーカッション&コーラス
国立音楽大学リトミック科卒業。大学卒業後、中南米、東南アジア、オセアニア等エスニック系の音楽に興味を持つ。
サンバチーム「クルゼイロ・ド・スゥル」に参加、フランシス・シルバ氏に師事。
参加アルバムは、THE 3 PEACE、友部正人、伊東たけし等。現在ブラジル音楽を中心に、
レストラン、カフェ、ライブハウス、イベント等で演奏をしている。
posted by higashino at 23:54| Comment(0) | 出演者プロフィール

マツモニカ プロフィール

matsumonica.jpg

マツモニカ

クロマティック・ハーモニカ(半音階も演奏できるハーモニカ)奏者。
1995年、「ワールド・ハーモニカ・チャンピオンシップス」(クロマティック・ソロ部門)で優勝。
その後、ジャズやブラジル音楽を中心に幅広い分野で活動。
由紀さおり、佐良直美、トニーニョ・オルタ、大貫妙子、松山千春、リカ・セカート、小野リサ、カヒミ・カリィ、ビビアン・スー、鈴木重子、荻野目洋子、榊原大、ベト・カレッティ、畠山美由紀、等数多くのアーティストのライブやレコーディングに参加。
また、ブラジル音楽をベースにしたユニット、『音あそび』、『もにじん』等に参加、精力的に活動している。
テレビや映画のサウンドトラック、CMのレコーディングにも数多く参加。
主要参加プログラムは、NHK連続テレビ小説「ファイト」。
最近ではクロマティック・ハーモニカの普及のため、その指導にも力を入れている。
posted by higashino at 23:53| Comment(0) | 出演者プロフィール

2023年11月03日

外園健彦プロフィール

プロフィール写真.jpg

外園健彦(ほかぞのたけひこ)

ギタリスト
ギターを通して、フォークやポップス、ジャズ、クラシック音楽等、色々な音楽にふれていくが、20才の頃に腱鞘炎の為にギターを中断。数年間のブランクの後、ギタリスト助川太郎氏との出会いから、ブラジル音楽であるボサノヴァの心地よさに惹かれていく。
そして20代中盤の頃に日本のサンバ界の第一人者加々美淳氏と、ブラジルリ・オデジャネイロ出身のパンデイロ奏者セウシーニョ・シルヴァ氏の音楽に触れて、今までに体験した事のない不思議で、心地よいゆらぎの感覚に衝撃を受けて、以後リオの音楽に夢中になる。現在はブラジルの伝統音楽であるショーロの演奏にも取り組んでいる。
posted by higashino at 17:07| Comment(0) | 出演者プロフィール

吉村京花プロフィール

398534129_885160629328120_5881843332113502163_n.jpg

吉村京花(Vocal)
ジャズ、サンバ歌手。幼少のころ映画「サウンド・オブ・ミュージック」に感銘を受け、ミュージカル、ジャズ、ポップスに親しむ。アカペラ・コーラス、演劇、ダンスと遍歴後、出産をきっかけにジャズ・ヴォーカルの世界へ。スタンダード・ジャズからポップスなど英語の歌はもちろん、ポルトガル語のボサノバ、サンバまで幅広いレパートリーを持つ。音楽芸人ユニット「フォッサマグナ」名義で2010年CD「あら!いいんじゃな〜い?!」、2017年「二人アカペラまつり」を発売。音楽活動のかたわら、こども向け英語塾を開校。「ライブもレッスンも今この瞬間を一緒に楽しむこと」をモットーにしている。
一方で詩・メロディー・リズムが一体となったサンバの世界に魅入られ、日本を代表するサンビスタ加々美淳氏に師事。ポルトガル語の持つ自然なグルーブ感を生かした歌唱を追求している。

オフィシャルブログ
http://blog.goo.ne.jp/kyokayoshimura
posted by higashino at 17:01| Comment(0) | 出演者プロフィール

2023年11月01日

so-to wyolica プロフィール

274499560_416075253606920_6399763632998335358_n.jpg

so-to wyolica
1999年wyolicaのso-toとして「悲しいわがまま」でメジャーデビュー。
アーティスト活動と平行して、他のアーティストのプロデュースや楽曲提供も手掛ける。現在はSoulcolor として、アコギをベースにしながらもUK SOULやヒップホップの影響を受けた楽曲でライブをしている。
昨今は、映画の劇伴やエンディングテーマも担当。活動の幅を広げつつある。
posted by higashino at 18:24| Comment(0) | 出演者プロフィール

2023年10月26日

陽瑚(ようこ)プロフィール

395540030_300147852923127_38986496541542070_n.jpg

Vo. G.P
昭和音楽短期大学 ピアノ科 専攻科卒
ピアノ教師をしていた傍らブラジル音楽に惹かれ、現在は加々美淳氏、外園健彦氏に師事。
さらにブラジル音楽を追求したく、オンラインでブラジルの音楽学校Casa do Choro のパンデイロ、ピアノ、歌等のオンラインレッスンを受講。
現在は神奈川、東京でライブ活動を行う。
posted by higashino at 22:14| Comment(0) | 出演者プロフィール

2023年10月02日

中西文彦プロフィール

383693724_288738470539679_1237460910481433863_n.jpg

中西 文彦
ギタリスト。バーデン・パウエルとジミ・ヘンドリックスとを両親にマーク・リボーを兄に持つ(音楽的血縁)。
パンカノヴァトリオ CANTO!、ヴォーカル吉田歩とのデュオCAMINO、などを主宰する。繊細なガットギターと前衛的なエフェクトを使いこなし、あらゆるジャンルを越境する音楽の放浪者。
posted by higashino at 15:36| Comment(0) | 出演者プロフィール

2023年09月16日

9/17(日)ライブは中止→オープンマイク&飛び入りDJデイに変更します。

いつもご利用ありがとうございます。

直前ですが以下のライブは出演者体調不良のため中止となりました。

9月17日(日)
so-to wyolica
星子健太郎
open 16:30 / start 17:00
charge 投げ銭(要ドリンクオーダー)

当日は急遽「オープンマイク&飛び入りDJデイ」とさせていただきます。
予約無しでどなたでも参加できます。
(店のギター、CD等お使いいただけます)

open 16:30 / start 17:00
ノーチャージ(要ドリンクオーダー)

以上ご確認くださいませ。

どうぞよろしくお願いします。
posted by higashino at 16:52| Comment(0) | information

アナログに加えてCD、Bluetooth、MP3データでもDJできるようになりました。

DJやりたいけどアナログだけだとハードルが高いという声がちらほらあったので新兵器を投入しました。
geminiのCDM-4000BTです。
これでアナログに加えてCD、Bluetooth、MP3データでもDJできるようになりました。
ぜひDJイベント、飛び入りDJにご活用下さい。
店のCD使用可能!(今後CDもDiscogsに打ち込んで行きます)

IMG_4903.png
posted by higashino at 16:49| Comment(0) | information