2023年04月30日

伊藤ノリコ、宮野弘紀、城戸夕果プロフィール

340019831_179862048297536_8959523872173097370_n.jpg

伊藤ノリコ/Noriko Ito(vo./g.)
武蔵野音大声楽科卒。
2nd.アルバムのRio録音[A Paz~平和]はブラジル音楽界の重鎮ジョアン・ドナートが全曲ピアノ、アレンジで参加。そのドナートから「ノリコは、人の心をひきつける、高い音楽性と個性を持ったこの上なく魅力的なカントーラ。」と称された。またドナートの強い要望でレコーディング・メンバーと共にリオの名門クラブ『Mistra Fina』に出演、現地のメディアにも取り上げられ話題となる。
3rd.[Fotgrafia]も単身Rioにて録音の、名手ルーラ・ガルヴォンのギターとのデュオを中心とした作品。
また元祖ボサノヴァの女王ワンダ・サーのススメ、手ほどきを受け'08からギターを始め、2013年には初めての『ギター弾き語リスト』としての[bossa do Ar]リリース(T-TOC-RECORDS)。
今年6月には、初めてのライブ・レコーディングによるCD〔Noriko Canta Bossa Nova〜Ao Vivo〕(Amazon Records)をリリース。
独特の温かな歌声、ブラジルの風を感じさせるギター・サウンドから特別な世界観を持つと言われ、ボサノヴァの伝道師としてWOWWOW,NHK World等にも出演。
Official Blog
http://nananynako.exblog.jp/

343300121_252218227335437_1464867069098434474_n.jpg

宮野弘紀 Hiroki Miyano (g.)
東京で生まれ、札幌で育つ。札幌時代は中山英二(b.)氏と共に北海道、東北から活動始まる。
上京後すぐに「スウィング・ジャーナル」誌の元編集長・児山紀芳氏と故マイルス・ディビスのプロデューサー、テオ・マセロ氏により81年ニューヨークにて、オリジナル曲のアルバム「MANHATTAN SKYLINE」(日本フォノグラム)をレコーディング、メジャー・デビューを果たす。 ( 最優秀録音受賞。)一躍アコースティック・ギターリストの寵児として注目され、その後もアール・クルーとのデュオをへて、自身がリーダーの「アコースティック・クラブ」を85年に結成。ニューエイジ・サウンドとしてアドリブ誌にてベストアルバム賞も受賞。 
その他ジャンルを越えて幅広く活動。
一方で日本テレビのテーマ音楽等の作曲家として、また Boom,宮沢和史、タケカワユキヒデ、石井竜也、寺井尚子(vln.)、綾戸智恵(vo.) Coba 他、多くのアーティストのサポートとしても活躍。
ブラジル移民100年周年の2007年、Rio録音でブラジルの名手ルーラ・ガルヴォンとのギターデュオ[ADAGIO]をリリース。評論家が選ぶ私のベスト盤2007年度の最高作と評価された。既存のパターンを超え、常に日本人としてのGuitarデザインを意識したオリジナリティーを追求している。
2017年2月、ルーラとの2作目[Adagietto]リリース。宮沢和史氏より『音楽のミストシャワーを浴びる』ーそんな快感〜とコメントを頂く他、各方面で好評価を得ている。
http://amebro.jp/hiroki-miyano/

340072244_1322938078437380_7307683556003177565_n.jpg

城戸夕果(fl)
フルート奏者 作曲家
89年小野リサ・グループのデビュー・メンバーとして出会ったブラジル音楽を深く追求すべく、リオデジャネイロに移住。ボサノバの生みの親の一人であるジョニー・ アルフや、ジョイス・モレーノ、ジョアン・ドナート、カルロス・リラなどのブラジルの巨匠と共演。帰国後、ブラジルの多様な要素を活かしたオリジナルを作り出す屈指の存在として注目され、自身のグループのほか、EPO、宮沢和史とのコラボレーションなども展開。ジャズでは、ニールス・ペデルセン、デューク・ジョーダン、渡辺香津美とも共演。ブラジル録音、デンマーク録音を含む6枚のリーダーアルバムの一部がイタリアでベスト8を記録し、韓国でもリリースされ高く評価される。2000年から2年間ベルギーで活動。2008年、上記6枚中5タイトルが一挙再発売(「リファインド」「リオスマイルズ」「アラクアン」「カーザ」「ルルー」)。2014年からブラジリア、リオ、ボストン、ニューヨーク、モントリオールなど各地で活動を重ね、2020年に帰国。テレビ・ラジオ等出演、レコーディング、アレンジ、ライブなどで幅広く活動中。
posted by higashino at 20:44| Comment(0) | 出演者プロフィール

2023年02月16日

山下ヒロシ、宮野弘紀、プロフィール

325285148_707873984082776_2216910599685399844_n.jpg

山下ヒロシ hiroshi yamashita (gut guitar)

高知県室戸市出身在住。 
 自己が経営する喫茶店においてジャズを中心に中央からのアーチスト達を招き共演を重ねる。
 四国内の他関西、関東にも演奏活動を拡大中。
 2022年7月 大阪のギターリスト キサクモトフサとのデュオアルバム 
 [九つの幸せなこと]リリース。  
ジャズギターを岡村誠史に、クラシックギターを佐藤達男に師事。


325483959_3254140594838759_2770600244568979861_n.jpg

宮野弘紀 hiroki Miyano (gut guitar)

東京出身札幌育ち。 上京後直ぐNYにてテオ マセロの指揮下全オリジナル曲による Manhattan skyline をレコーディングしメジャーデビューを果たす。('81)
その後アール クルーとのデュオ等を経て'86 acoustic club結成。 
 the boom宮沢和史(vo)、綾戸智恵(vo)、寺井尚子(vin)など多くのアーチストのサポートでも活躍。 
 一方で作曲家、アレンジャーとしての評価も高く、現在はオリジナル曲を中心に演奏活動を行っている。
posted by higashino at 00:49| Comment(0) | 出演者プロフィール

2022年07月01日

so-to wyolica、Nanao、星子健太郎プロフィール

274499560_416075253606920_6399763632998335358_n.jpg

so-to wyolica
1999年wyolicaのso-toとして「悲しいわがまま」でメジャーデビュー。
アーティスト活動と平行して、他のアーティストのプロデュースや楽曲提供も手掛ける。現在はSoulcolor として、アコギをベースにしながらもUK SOULやヒップホップの影響を受けた楽曲でライブをしている。
昨今は、映画の劇伴やエンディングテーマも担当。活動の幅を広げつつある。


289437058_431244348835051_7179261417482037681_n.jpg

Nanao
ヴォーカルトレーナーとしてアーティスト育成に携わる一方、楽曲制作やライブ等もマイペースに活動
未だ、やさしいうたを模索中。


279064796_537050858066822_9185963431716099477_n.jpg

星子健太郎 シンガーソングライター
心を揺さぶる、哀愁のハスキーボイス。
バンドでのギターリストの経験を捨てて独学で歌を歌い始め、同時に作詞・作曲も行いながらライブハウスやバー、カフェでライブを行い、高い評価を得る。
一度耳にしたら忘れられない歌声と、ポピュラーな楽曲を合わせ持ったステージは、聴く人の心を掴んで離さない。

posted by higashino at 22:14| Comment(0) | 出演者プロフィール

2022年05月05日

稲葉光プロフィール

277983240_718824399546871_4498717265289956070_n.jpg

稲葉光
ギターやカバキーニョなどの弦楽器、打楽器を用いてブラジル音楽やポルトガル音楽を演奏するかたわら、映画やゲームの音楽制作、作編曲、音楽教育を行う。
posted by higashino at 10:49| Comment(0) | 出演者プロフィール

2022年05月02日

星子健太郎×so-to wyolica プロフィール

279064796_537050858066822_9185963431716099477_n.jpg

星子健太郎 シンガーソングライター

心を揺さぶる、哀愁のハスキーボイス。
バンドでのギターリストの経験を捨てて独学で歌を歌い始め、同時に作詞・作曲も行いながらライブハウスやバー、カフェでライブを行い、高い評価を得る。
一度耳にしたら忘れられない歌声と、ポピュラーな楽曲を合わせ持ったステージは、聴く人の心を掴んで離さない。


274499560_416075253606920_6399763632998335358_n.jpg

so-to wyolica
1999年wyolicaのso-toとして「悲しいわがまま」でメジャーデビュー。
アーティスト活動と平行して、他のアーティストのプロデュースや楽曲提供も手掛ける。現在はSoulcolor として、アコギをベースにしながらもUK SOULやヒップホップの影響を受けた楽曲でライブをしている。
昨今は、映画の劇伴やエンディングテーマも担当。活動の幅を広げつつある。

2021年3月リリースの「stay on the scene」を引っ提げて6月よりツアー予定。
posted by higashino at 22:33| Comment(0) | 出演者プロフィール

2022年03月08日

COLOR FILTER / Soulcolor プロフィール

275129577_2172386036254868_75329944060531222_n.png

COLOR FILTER
アメリカでのデビューを皮切りに海外を中心に多数のリリースを重ねたツネヨシリュウジのユニットとしてスタート。The Flaming Lipsが「自分たちのサイケデリア感を体現しているサウンド」として絶賛。2002年にはSXSWへ出演。アンビエント、シューゲーザー、ブレークビーツ、テクノを内包するメロウサイケデリアとも言えるサウンドは、現在では市民権を得るに至った"Dream Pop"、はたまた "Vaporwave"といったジャンルを、密かに、ここTokyoで先取りし ていた孤高の存在。改めて、2022年に「再発見」されるべきサウンド。新ボーカリストMINAMI TAGAを迎え再始動します。



274499560_416075253606920_6399763632998335358_n.jpg

Soulcolor
1999年wyolicaのso-toとして「悲しいわがまま」でメジャーデビュー。
アーティスト活動と平行して、他のアーティストのプロデュースや楽曲提供も手掛ける。現在はSoulcolor として、アコギをベースにしながらもUK SOULやヒップホップの影響を受けた楽曲でライブをしている。
昨今は、映画の劇伴やエンディングテーマも担当。活動の幅を広げつつある。

2021年3月リリースの「stay on the scene」を引っ提げて6月よりツアー予定。
posted by higashino at 09:54| Comment(0) | 出演者プロフィール

2020年07月12日

助川太郎、外園健彦プロフィール

8D0CE5E1-6E5A-43AE-AA23-32FF8023B3A7.jpeg

助川太郎 Taro Sukegawa

ギタリスト。1973 年、東京生まれ。2001 年、米バークリー音楽大学ギター科卒業。2003
年ボサノバユニットとしてメジャーデビュー。2013 年より自身の作編曲作品でのソロコンサートをスタート、精力的に日本全国を周り多くファンに音楽を届け続けている。2019年最新アルバム「歓びの人生」を発表。


プロフィール写真.jpg

外園健彦(ほかぞのたけひこ)

ギタリスト
ギターを通して、フォークやポップス、ジャズ、クラシック音楽等、色々な音楽にふれていくが、20才の頃に腱鞘炎の為にギターを中断。数年間のブランクの後、ギタリスト助川太郎氏との出会いから、ブラジル音楽であるボサノヴァの心地よさに惹かれていく。
そして20代中盤の頃に日本のサンバ界の第一人者加々美淳氏と、ブラジルリ・オデジャネイロ出身のパンデイロ奏者セウシーニョ・シルヴァ氏の音楽に触れて、今までに体験した事のない不思議で、心地よいゆらぎの感覚に衝撃を受けて、以後リオの音楽に夢中になる。現在はブラジルの伝統音楽であるショーロの演奏にも取り組んでいる。
posted by higashino at 15:03| Comment(0) | 出演者プロフィール

2020年03月23日

⽯恂セ由⼦、江藤有希プロフィール

17761544_1442460559119076_185527600_o.jpg

【⽯恂セ由⼦ プロフィール】

⽇々の暮らしのことをたいせつにしながら、⼈とのつながりや⽣活の中から⽣まれた⾳楽の表現を試みているシンガーソングライター。好きなものは、ふるいもの、本、銭湯、インドカレー。
ジャズ&ブラジル系オリジナルポップスユニット「vice versa(ヴァイスヴァーサ)」のボーカルとして13 年間活動後、家族の病気や介護をきっかけに⾃⾝の⾳楽をみつめなおし、2013 年よりソロ活動をスタート。フォーキーかつスィンギーなサウンドに、⼼にそっと寄り添うコトバを乗せて独⾃のソングライティングを展開。
2015 年冬、1st.ソロアルバム「Hello, my sister」をリリース。⽇々の美しい情景や⾝近な⼈とのさよならを描いた陰影のある楽曲を収録している。
また、アーティスト活動と並⾏して「歌詞をつくるワークショップ」を定期開催し、こころと⾳楽のつながりを伝える活動を継続している。

http://ayukoishizuka.com
https://www.youtube.com/watch?v=H1hvzbCeM50

68916540_289538605244896_1151836028932194304_n.jpg

ヴァイオリニスト、作編曲家:江藤有希|yuki etoh|

2000年よりショーロ(ブラジル器楽音楽)の演奏を始め、2004年ブラジルに渡りリオの代表的演奏家と共演、レコーディングに参加。2005年より「コーコーヤ」に参加し2011年より2018年9月現在まで、江藤作曲「ボンボヤージュ !」がJ- WAVEのラジオ番組「サウージ ! サウダージ」エンディング・テーマとして放送中。アルゼンチン・タンゴの奏者としても活動し、小松亮太らと共演。シンガーとの共演も多く、EPO、ハシケン、桑江知子、鈴木重子、石塚明由子、純名里沙などの演奏サポート、バレエのための作品、J-POP作品の演奏・アレンジなど幅広いジャンルで活躍。 2016年、初のソロアルバム「hue」をリリース。笹子重治(ギター)橋本歩(チェロ)とのトリオでの活動をひろげ、2017年、初のホールコンサート開催、全国13ヶ所でツアーを行うなど生の音楽を届けるよう活動中。2018年、11月に2ndアルバム「tatto」をリリース。

www.yukivn.com
posted by higashino at 16:09| Comment(0) | 出演者プロフィール

2020年02月01日

阿部かよこプロフィール

74460480_1396378200539125_6158280338440192000_n.jpg

阿部かよこ(歌とギター)

茨城県出身。ボーカリスト、ギタリスト。

3歳からクラシックピアノを始め19歳で渡米、様々な音楽に出会い帰国
後ボーカリストを志す。
ジャズ、ポップスなどを中心に演奏活動をする中、アントニオ・カルロ
ス・ジョビンや弾き語りで独特の唱法で歌うジョアン・ジルベルトや小
野リサ氏のボサノヴァに衝撃を受け、2000年以降ブラジル音楽に傾
倒、ポルトガル語でボサノヴァやサンバを歌い始める。
2005年初めてギターを手にし、それ以降弾き語りスタイルで演奏を開
始。都内を拠点に、各地のライブハウス、レストラン、イベントに出
演。
2019年、ギタリスト須古典明氏、ピアニスト永見行崇氏を迎え、1st1
アルバム『Meia-Luz(薄明かり)』をリリース。

ブラジル音楽が持つ繊細さと大らかさ、歓びや悲しみを情緒豊かに歌う
ことを大切にしている。深く豊かでスモーキーな声は聴く人を優しく包
み、ライブなどでは、風景が見えるような語りや歌にはとても定評があ
る。

https://abekayoko.com/
posted by higashino at 14:59| Comment(0) | 出演者プロフィール

2020年01月28日

織茂真純、池本悠、naoki okada プロフィール

image0.jpeg

織茂真純(vo)
短大時代よりクラブシーンなどで歌い始め、音楽や表現することの喜びを知る。
その後歌からは離れ仕事のキャリアを積んでいたが、落ち着いてきた頃に長い間憧れていたジャズヴォーカルへの思いが溢れ、ジャズスクールに通い始める。
近年よりジャズクラブ、カフェ等で演奏活動を行なっている。


image1.jpeg

池本 悠 (gt)
千葉県出身、東京在住。高校よりギターを始め、大学時代に千葉大学モダンジャズ研究会に入部。ライブハウスやレストランなどで演奏活動を始める。ジャズギターを橋本信二氏に師事。 ストレート・アヘッドなプレイスタイルで、都内、横浜を中心に演奏を行っている。


image0.jpeg
photo by Akami Yamamoto

naoki okada (トラックメイカー/ギタリスト)
ジャズをベースにした演奏・作曲と、エレクトロ系の楽曲制作を手掛けるギタリスト。中野区在住。
楽曲発表・ライブセッションのほか、CM、web、店舗等各種BGMの制作や、他アーティストのレコーディング参加を行っている。
North Marine Driveでのライブは、映像クリエイターYu Shigematsuとラップトップ中心で行って以来の2回目。

https://naokiokada.bandcamp.com
posted by higashino at 19:37| Comment(0) | 出演者プロフィール