2023年11月03日

吉村京花プロフィール

398534129_885160629328120_5881843332113502163_n.jpg

吉村京花(Vocal)
ジャズ、サンバ歌手。幼少のころ映画「サウンド・オブ・ミュージック」に感銘を受け、ミュージカル、ジャズ、ポップスに親しむ。アカペラ・コーラス、演劇、ダンスと遍歴後、出産をきっかけにジャズ・ヴォーカルの世界へ。スタンダード・ジャズからポップスなど英語の歌はもちろん、ポルトガル語のボサノバ、サンバまで幅広いレパートリーを持つ。音楽芸人ユニット「フォッサマグナ」名義で2010年CD「あら!いいんじゃな〜い?!」、2017年「二人アカペラまつり」を発売。音楽活動のかたわら、こども向け英語塾を開校。「ライブもレッスンも今この瞬間を一緒に楽しむこと」をモットーにしている。
一方で詩・メロディー・リズムが一体となったサンバの世界に魅入られ、日本を代表するサンビスタ加々美淳氏に師事。ポルトガル語の持つ自然なグルーブ感を生かした歌唱を追求している。

オフィシャルブログ
http://blog.goo.ne.jp/kyokayoshimura
posted by higashino at 17:01| Comment(0) | 出演者プロフィール

2023年11月01日

so-to wyolica プロフィール

274499560_416075253606920_6399763632998335358_n.jpg

so-to wyolica
1999年wyolicaのso-toとして「悲しいわがまま」でメジャーデビュー。
アーティスト活動と平行して、他のアーティストのプロデュースや楽曲提供も手掛ける。現在はSoulcolor として、アコギをベースにしながらもUK SOULやヒップホップの影響を受けた楽曲でライブをしている。
昨今は、映画の劇伴やエンディングテーマも担当。活動の幅を広げつつある。
posted by higashino at 18:24| Comment(0) | 出演者プロフィール

2023年10月26日

陽瑚(ようこ)プロフィール

395540030_300147852923127_38986496541542070_n.jpg

Vo. G.P
昭和音楽短期大学 ピアノ科 専攻科卒
ピアノ教師をしていた傍らブラジル音楽に惹かれ、現在は加々美淳氏、外園健彦氏に師事。
さらにブラジル音楽を追求したく、オンラインでブラジルの音楽学校Casa do Choro のパンデイロ、ピアノ、歌等のオンラインレッスンを受講。
現在は神奈川、東京でライブ活動を行う。
posted by higashino at 22:14| Comment(0) | 出演者プロフィール

2023年10月02日

中西文彦プロフィール

383693724_288738470539679_1237460910481433863_n.jpg

中西 文彦
ギタリスト。バーデン・パウエルとジミ・ヘンドリックスとを両親にマーク・リボーを兄に持つ(音楽的血縁)。
パンカノヴァトリオ CANTO!、ヴォーカル吉田歩とのデュオCAMINO、などを主宰する。繊細なガットギターと前衛的なエフェクトを使いこなし、あらゆるジャンルを越境する音楽の放浪者。
posted by higashino at 15:36| Comment(0) | 出演者プロフィール

2023年09月10日

ポンシェゲ(pomchege)プロフィール

ポンシェゲ
2015年春、ジャズベーシスト杉山茂生とピアノ弾き語りのまついよしこが、ブラジル音楽を中心に、ジャズ、オリジナル曲を弾 き語りで演奏するユニットとして活動開始。
2020年11月、ポンシェゲ(pomchege)オリジナル曲『風のうた』、『Ring-Dong-Ring』をシングルデジタルリリース。 2021年12月、2020年デジタルリリースのオリジナル2曲に加えて、カバー作品3曲を加えたポンシェゲ(pomchege)初のミニアルバムを発表。都内近郊を中心に演奏活動中。

メンバー
376359098_836328884711506_3421561200540124749_n.jpg

杉山茂生(ヴォーカル+ギター)
東京都出身。19歳の時にジョアン・ジルベルト、ミルトン・ナシメントの音楽に出会い、影響を受ける。20歳の頃よりジャズに傾倒し、ベーシストを志す。 高橋聡氏(日本フィルハーモニー)にコントラバスを師事。一橋大学オーケストラに参加。スタンダー ドジャズからクラシック音楽までのベース奏法、音楽理論を学ぶ。 1987年にカレッジジャズ祭で優秀ソロイスト賞を受賞しジャ ズベーシストとしてプロになる。 ジャズベーシストとして活動する一方、ジャズ的音楽表現としてボサノヴァを捉え、ギター& ボーカリストとしてソロ活動もしている。


377307543_1105529533760071_2899720986751621215_n.jpg

まついよしこ(ヴォーカル+鍵盤ハーモニカ)
東京都出身。4歳から電子オルガンを始める。小学校高学年の頃ジャズやボサノバに触れて音楽にのめりこむ。尚美学園大学短期大学部音楽学部作曲科で小森昭宏氏に師事。作曲、編曲およびオーケストレーションを学ぶ。在学中から結婚式場やレストラン、ピアノバーでの演奏を始める。卒業後、Barklee in Japanに参加。DTMでの作編曲を始める。97年Manhattan School of Music(ニューヨーク)の夏期ピアノクラス受講。バリーハリス氏のレッスンを受ける。帰国後、弾き語りを中心とした Jazzの演奏活動を本格化。ソロ演奏のほか、ピアノ弾き語りやボーカリストとしてのアンサンブルを追求している。

ホームページ:https://pomchegemusic.wordpress.com/aboutus/
posted by higashino at 13:05| Comment(0) | 出演者プロフィール

2023年09月01日

藤村ケイコ、プロフィール

image-1.jpeg

藤村ケイコ
学生時代より様々なジャンルのバンドにキーボードとして参加。
子供の頃に習い始めた電子オルガンの指導者となる。
ジャズを勉強中にブラジル音楽に出会い、独学でギター弾き語りを始める。
現在はピアノ、ギター両方の弾き語りでライブ活動中。
レパートリーは、MPBを中心にボサノヴァ、ノルデスチ、ファンクなど多岐にわたる。
posted by higashino at 11:27| Comment(0) | 出演者プロフィール

2023年08月31日

[bossa do Ar] 伊藤ノリコ、宮野弘紀プロフィール

340019831_179862048297536_8959523872173097370_n.jpg

伊藤ノリコ/Noriko Ito(vo./g.)
武蔵野音大声楽科卒。
2nd.アルバムのRio録音[A Paz~平和]はブラジル音楽界の重鎮ジョアン・ドナートが全曲ピアノ、アレンジで参加。そのドナートから「ノリコは、人の心をひきつける、高い音楽性と個性を持ったこの上なく魅力的なカントーラ。」と称された。またドナートの強い要望でレコーディング・メンバーと共にリオの名門クラブ『Mistra Fina』に出演、現地のメディアにも取り上げられ話題となる。
3rd.[Fotgrafia]も単身Rioにて録音の、名手ルーラ・ガルヴォンのギターとのデュオを中心とした作品。
また元祖ボサノヴァの女王ワンダ・サーのススメ、手ほどきを受け'08からギターを始め、2013年には初めての『ギター弾き語リスト』としての[bossa do Ar]リリース(T-TOC-RECORDS)。
今年6月には、初めてのライブ・レコーディングによるCD〔Noriko Canta Bossa Nova〜Ao Vivo〕(Amazon Records)をリリース。
独特の温かな歌声、ブラジルの風を感じさせるギター・サウンドから特別な世界観を持つと言われ、ボサノヴァの伝道師としてWOWWOW,NHK World等にも出演。
Official Blog
http://nananynako.exblog.jp/

343300121_252218227335437_1464867069098434474_n.jpg

宮野弘紀 Hiroki Miyano (g.)
東京で生まれ、札幌で育つ。札幌時代は中山英二(b.)氏と共に北海道、東北から活動始まる。
上京後すぐに「スウィング・ジャーナル」誌の元編集長・児山紀芳氏と故マイルス・ディビスのプロデューサー、テオ・マセロ氏により81年ニューヨークにて、オリジナル曲のアルバム「MANHATTAN SKYLINE」(日本フォノグラム)をレコーディング、メジャー・デビューを果たす。 ( 最優秀録音受賞。)一躍アコースティック・ギターリストの寵児として注目され、その後もアール・クルーとのデュオをへて、自身がリーダーの「アコースティック・クラブ」を85年に結成。ニューエイジ・サウンドとしてアドリブ誌にてベストアルバム賞も受賞。 
その他ジャンルを越えて幅広く活動。
一方で日本テレビのテーマ音楽等の作曲家として、また Boom,宮沢和史、タケカワユキヒデ、石井竜也、寺井尚子(vln.)、綾戸智恵(vo.) Coba 他、多くのアーティストのサポートとしても活躍。
ブラジル移民100年周年の2007年、Rio録音でブラジルの名手ルーラ・ガルヴォンとのギターデュオ[ADAGIO]をリリース。評論家が選ぶ私のベスト盤2007年度の最高作と評価された。既存のパターンを超え、常に日本人としてのGuitarデザインを意識したオリジナリティーを追求している。
2017年2月、ルーラとの2作目[Adagietto]リリース。宮沢和史氏より『音楽のミストシャワーを浴びる』ーそんな快感〜とコメントを頂く他、各方面で好評価を得ている。
http://amebro.jp/hiroki-miyano/
posted by higashino at 09:55| Comment(0) | 出演者プロフィール

Kayo Kamishima、尾花毅プロフィール

kayokamishima.jpg

Kayo Kamishima
5歳よりクラシックピアノを習い、16歳でvocalistとしてバンド活動を始める。Rock, Pops, Soul, Funkなど主に70年代ルーツの音楽を好んで唄い、大学時代にSarah Vaughan, Anita O'dayなどJazz Vocalに影響を受ける。その後、Baden Powell, Milton Nascimento, Marisa Monte, Luciana Souzaなどを聴き、次第にBrasil音楽に傾倒。ポルトガル語歌唱をブラジル人歌手Wilma de Oliveira氏、Jazz/VoiceトレーニングをJazz Singer大野えり氏、リズム/音楽理論をパーカッショニストよしうらけんじ氏に師事。途中、フランス・パリ在住4年を経て帰国。12カ国旅をした欧州の空気感を自身の表現に取り入れつつ、現在は英語、ポルトガル語、フランス語、日本語の曲を中心に、国境・時代・言語を超えた「うた」を独自の感性で選曲、唄い続けている。


obanasan.JPG

尾花毅(Takeshi Obana)
幼少期をドイツで過ごし、8歳よりクラシックギターを佐々木政嗣氏、坂中浩治氏に師事。
学生時代はポップスやロックを演奏し、 20歳の頃トニーニョ・オルタの音楽に出会ってから、ブラジル音楽の世界にのめりこむ。オリジナルのブラジリアンフュージョンを作曲するなど様々なブラジルスタイルのギターを研究するうち7弦ギターに出会い、ショーロ/サンバにおけるその役割に多大な影響を受け、以後7弦ギターをメイン楽器とする。現在はTHEシャンゴーズ、Demais×Demais、SonDeCaribe、Grupo Cadencia 、Kanae&Candongueiros等のユニットにメンバーとして参加するほか、ブラジル音楽系歌手のサポートなど年間150本程度のライブを行っている。

http://www.obana.jp/~takeshi/
posted by higashino at 09:50| Comment(0) | 出演者プロフィール

2023年08月22日

樋口元子(monopiano88)プロフィール

368658653_3131418907165669_3840882065056977558_n.jpg

インスタ
https://www.instagram.com/monopiano88

YouTube
https://youtube.com/@monopiano8830?feature=shared

jazzスタンダード、ボサノバ等中心にオリジナル曲も演奏いたします。
posted by higashino at 17:04| Comment(0) | 出演者プロフィール

2023年07月19日

Mina Yamano meets Tomotaka Hatano from Paris プロフィール

S__9543968.jpg

山野ミナ(vo)
東京を拠点に活動するシンガーソングライター。ジャズやシャンソン、ラテン音楽に影響を受け、哀愁漂う唯一無二の歌声で独自の世界観を歌う。 2017年、デンマークのジャズベーシストクリス・ミン・ドーキーのオーガナイズによりコペンハーゲンでレコーディングしたアルバム「My Treasure」をリリース。2021年には日本コロムビアより、高橋幸宏、伊藤ゴロー共同プロデュースによるメジャーデビューアルバム「L’ATELIER」をリリース。東京を中心に日本全国で精力的にライブ活動を行なっている。


S__9543969.jpg

波多野智高(gt)
新潟市出身。
ジプシー・ジャズ(ジャズ・マニューシュ)の本場フランスで唯一の日本人プロギタリストとして活動する。
ジプシー・ジャズ界の重鎮モレノ・ヴィンターシュタイン、マヨ・ユベール他多数のミュージシャンと共演。
2019年にはフランスの歌手、俳優のレミー・コンスタンティーヌのアルバムに参加。 音楽フェスティバル、ジャズ・クラブ等に出演したりとパリを中心に活動中。
posted by higashino at 17:34| Comment(0) | 出演者プロフィール