2015年02月26日

あがさ、飯島ゆかり、マツモニカ、プロフィール

e030300520140910223103.jpg

あがさ
(Agatha: voice & guitar)

シンガーソングライター/ガットギター弾き語り/演出家、和歌山県出身
幼少期にピアノ・バイオリンを習い、姉の影響で90年代のUKロックに親しむ
13歳でビートルズの洗礼を受け、ギター・作詞作曲・宅録等を始める
16歳で単身渡英、帰国、演劇制作、上京、ブラジル音楽への傾倒、ダンスとの出会いなど紆余曲折から5年のブランクを経て2013年より音楽活動を再開

共演者をして「ラテンパンク」「過剰な才能」「変態的天才」といわしめる
心の綺羅星はジョン・レノンとシディ・ラルビ・シェルカウイ

現在の活動内容:

*物語性に富み、多様なリズム構成が特徴のオリジナル曲を中心に演奏する、パーカッション奏者"飯島ゆかり"とのデュオ「あがさゆかりのととぅ」主宰
*特殊発声とポリフォニーがテーマの「アガリアム合唱団」をボイスパフォーマー"徳久ウィリアム"と共宰
*"歌+タップ"の可能性を追求するタップダンサー"米澤一平"とのデュオ「Tap'n'Song Heikes」主宰
*民族音楽の越境を遊ぶシンガーソングライター"チャーリー高橋"との「アガチャータカ」参加
*宴会芸的ダンスユニット「ほころび組」主宰

*"ビートルズでタンツ・テアター"を体現する「Theatre Beatlish」を2014年9月西麻布・新世界にて上演、2015/2/15再演予定

blog: http://agatha2222.exblog.jp/
mail: agathabeatle@gmail.com
Facebook: Agatha Akiko Iwasa
Twitter: @agatha_2222


member_06.jpg

飯島ゆかり:パーカッション&コーラス
国立音楽大学リトミック科卒業。大学卒業後、中南米、東南アジア、オセアニア等エスニック系の音楽に興味を持つ。
サンバチーム「クルゼイロ・ド・スゥル」に参加、フランシス・シルバ氏に師事。
参加アルバムは、THE 3 PEACE、友部正人、伊東たけし等。現在ブラジル音楽を中心に、
レストラン、カフェ、ライブハウス、イベント等で演奏をしている。


matsumonica.jpg


マツモニカ

クロマティック・ハーモニカ(半音階も演奏できるハーモニカ)奏者。
1995年、「ワールド・ハーモニカ・チャンピオンシップス」(クロマティック・ソロ部門)で優勝。
その後、ジャズやブラジル音楽を中心に幅広い分野で活動。
由紀さおり、佐良直美、トニーニョ・オルタ、大貫妙子、松山千春、リカ・セカート、小野リサ、カヒミ・カリィ、ビビアン・スー、鈴木重子、荻野目洋子、榊原大、ベト・カレッティ、畠山美由紀、等数多くのアーティストのライブやレコーディングに参加。
また、ブラジル音楽をベースにしたユニット、『音あそび』、『もにじん』等に参加、精力的に活動している。
テレビや映画のサウンドトラック、CMのレコーディングにも数多く参加。
主要参加プログラムは、NHK連続テレビ小説「ファイト」。
最近ではクロマティック・ハーモニカの普及のため、その指導にも力を入れている。
posted by higashino at 02:45| Comment(0) | 出演者プロフィール

2014年09月29日

Kaori Elias、大渕昭、プロフィール

10716194_557430864385167_1160948696_n.jpg

Kaori Elias
新潟生まれ。
ヴォーカル、ピアノ、作詞作曲。
幼少からピアノを習い、音楽好きの母親のレコード聞いて育つ。
高校のころR&Bに興味をもち大学のころからクラブで歌い始める。
在学中単身NYへ渡りヴォイストレーニングを集中的に受ける。
現在、様々なジャンルをベースに都内近郊でライブ活動中。


大渕 昭 Akira Ohfuchi(key)
学生の頃から、ラウンジ等で演奏を始め
その後、シンガーのライブサポートやスタジオの仕事をする。
それらと平行して自らのブラジリアンフュージョングループの活動続け、ここ最近は
セッションホスト、シンガーのCDプロデュース、自らのピアノトリオによる都内有名
ライブハウス等で活動中。
posted by higashino at 17:01| Comment(0) | 出演者プロフィール

荒井久恵、大渕昭、プロフィール

HisaeArai.jpg

荒井久恵(vo)
こんにちは,荒井久恵です。
中山晋平さんのふるさと信州中野で生まれ,合唱団で童謡や合唱曲,教会で賛美歌を歌い,原田知世さんに憧れ,おっとり気味に育ちました。
今思えば,小さな頃は歌うことが好きだったのですね。
中学生時代から30代前半までは,スポーツばかりしていましたが...
ある日突然"ボサノヴァ"という言葉が降り立ち,ブラジルの音楽だということすら知らぬまま,カルチャーセンターのボサノヴァ講座に通い始めました。
そして,ポルトガル語を習い,ヴォイストレーニングを受け,いつのまにかボサノヴァを歌うことに夢中になっていました。
ボサノヴァを中心にゆるやかな音楽と,ちょこっとの天使のお話で,みなさんと癒しの時間を一緒に過ごすことができたら嬉しいです。


大渕 昭 Akira Ohfuchi(key)
学生の頃から、ラウンジ等で演奏を始め
その後、シンガーのライブサポートやスタジオの仕事をする。
それらと平行して自らのブラジリアンフュージョングループの活動続け、ここ最近は
セッションホスト、シンガーのCDプロデュース、自らのピアノトリオによる都内有名
ライブハウス等で活動中。
posted by higashino at 16:58| Comment(0) | 出演者プロフィール

2014年09月01日

Tardinhaプロフィール

tardinha1.jpg

izaura (いざうら)/ ヴォーカル

仙台市出身。ピアノやバンドを経験し、ボサノヴァを歌いはじめ、ギターのガロート川村と仙台を中心に活動。ポルトガル語を大槻ヴァレリア氏に、発声をテノールの松尾英章氏に、パーカッションを齋藤寛氏に学ぶ。その歌声は、凛とした美しさが魅力である。
2010年、ノヴ吉田とファーストアルバム「Tardinha」で日本語のボサノヴァを発表。横浜や東京でも活動を広げ、ギター木村純、ピアノJonathan Katz、尺八BruceHuebnerをはじめ、クラシックギター松田弦、ピアノ中村真、ギター助川太郎と共演し、さまざまなジャンルの音楽家と交流する。
2011年には、青森在住のギター菅野拓也とアルバム「素朴で美しいもの」で日本語のオリジナル曲を発表。その中の「風花こんこ」は、復興の歌として合唱曲としても歌われ、独唱コンクールの課題曲にも採用された。2014年3月、8人編成による「森のもの舎クラブバンド」のオリジナルアルバムを発表。
ボサノヴァやブラジル音楽と並行して、作詞やオリジナル楽曲の制作と演奏にも力を入れ、新たな自分の表現にも挑戦している。
2014年4月、活動の拠点を仙台から東京に移す。


tardinha2.jpg

ノヴ吉田 / ギター・ボーカル

宮城県出身。学生時代はブルース、R&Bバンドでベースを担当。ヤマハ主催のロックジャム東北決勝大会で最優秀グランプリを受賞。解散後上京する。
カントリーブルース、なかでもBig Bill Broonzyのナンバーなどを中心に都内のライブハウスで演奏活動のかたわら、NYパンク、レゲエ、ダブ、ネオアコのムーブメントに傾倒する。
阿波踊りのお囃子も数年間参加した。ジョアン・ジルベルトのコンサートに衝撃を受け突如ブラジル音楽にはまる。2010年、歌手のイザウラとのユニット「タルジーニャ」で初アルバムCD「Tardinha〜夕暮れ〜」をリリース。現在オリジナル音楽を中心に都内で活動中。


tardinha3.jpg

田中秀幸 / ベース

兵庫県西宮市出身。大学入学と同時にダブルベースを手にし、翌年より演奏活動開始。以降、関西〜中国〜四国〜東京〜東北と移り住みながらジャズを中心に演奏活動を行う。通常のベースとは違い、チェロの1オクターブ下の5度調弦を使用。「和して同せず」をモットーに、プレイヤー同士による音の議論の結果生まれるアンサンブルを模索し続けている。


kawamitsu_s.jpg

川満直哉 / フルート

宮崎県出身。10歳からフルート を、16歳からサックスを始め、現在はジャズ・フュージョン、ボサノヴァ、ポップスなど幅広いジャンルのアーティストと共演中。フルート/サックス属の各種楽器を操り、サウンドに彩りを与えている。近年の参加作品は「続アニメンティーヌ (クレモンティーヌ)」「東京カフェスタイ ル 1〜3(f.e.n.)」「妖怪人間ベム 〜ベラ ボサノバ ver.〜(杏)」など。
posted by higashino at 13:10| Comment(0) | 出演者プロフィール

2014年07月28日

heli、レバ、プロフィール

heli.jpg

heliプロフィール

曲作り、楽器演奏、歌、録音、全部DIYの第二種兼業音楽家。
2011年12月、ファーストCD「いつか住んでいた家」を自主制作。
おだやかでいて、かすかに心がざわざわしたりひりひりしたりする、暮らしから生まれる音楽。
ライブは年に数回ぽつりぽつりとマイペースでやっています。

http://helibossa.com/
https://www.facebook.com/helibossa


leva.jpg

レバ、プロフィール

2001年にレバを結成。ネット配信をメインに活動。
数えるほどのライブ活動を2014年に本格的に再開。
アコーディオンのクラモトキョウコさんをサポートに加え、
アコースティックなPOPSを歌っています。
40歳を過ぎ、自己満足的な制作を控えて、生のパフォーマンスの
クオリティを上げながら、良い曲を作っていこうと思っています。

http://www.leva.jp/
posted by higashino at 11:22| Comment(0) | 出演者プロフィール

2014年05月01日

立石レイ、柿木有加子、千田利貞プロフィール

10509763_476772555791502_8121767525276167195_n.jpg

立石レイ ボサノヴァ弾き語り Vo&G

東京都出身
幼少期ピアノを習い、中学生時代には文化祭でピアノの弾き語りをするなど、その後も折に触れ、人前で歌ったりし、音楽に親しむ。
都内にある美術系の短大卒業後、就職するのと平行して、ボーカルスクールに入り、そこでボイストレーニング及び、コード理論の基礎を学ぶ。
当時、小野リサのセンセーショナルなデビューがあってその歌声と音楽性に魅了されたり、あるとき手にした、ナラ・レオンの一枚のCDを聴いて、ボサノヴァを再認識するに至り、ボサノヴァに注目し、しばらくしてから、2000年始め、それまでの人生で触ったこともなかったギターを買い求め、山本のりこ氏のボサノヴァのワークショップに参加したのをきっかけに、独学でポルトガル語を学び始め、その後も、ボサノヴァ弾き語りを、山本のりこ氏に師事、続いて中村善郎氏に師事。のち、ライブ活動を始める。
2009年、ギターのケニー小泉とのボサノヴァ・デュオ・ユニット、bossa praia を結成、2012年夏、ファースト・アルバム” mar, amor, luar “ をインディーズ・レーベルから リリースする。
アントニオ・カルロス・ジョビンをはじめ、敬愛するボサノヴァ創世期のマエストロたちの楽曲のほか、オリジナル曲も。
「清涼感を感じさせる、ナチュラルなボイスワークと、”ボサノヴァらしさ”を大切にした演奏」 と好評を得る。
現在は、ユニットでの活動、ソロでの活動、両方で、地元 相模原や都内ライブハウスなどで演奏している。愛称はレイちぇる。

ボサノヴァ唄い 立石レイ ブログ http://moon.ap.teacup.com/rei_coisaslindas/


1495932_597209140358066_698811874_o.jpg

柿木有加子

20代より、学生時代のサークルの友人たちと4パートのコーラスグループを結成して、活動を始める。
1989年初めて来日したMFQ(モダンフォークカルテット)を知人を通じて紹介してもらい、メンバーのジェリー・イェスター、チップ・ダグラスのプロデュースで彼等のオリジナルをレコーディング。
以後、小野リサのコンサートに行ったのがきっかけで、弾き語りで演奏してみたい思いが強くなり、中村善郎氏に歌を、山本のりこ氏に歌とギターを師事し、現在に至る。
2007年より、演奏活動を始める。現在は、地元湘南を中心に、ボサノバ、サンバ、ジャズ、ポップスなど幅広いジャンルの演奏をめざして、活動を広げて行っている。


SENDA.jpg

千田利貞(せんだとしさだ)
パーカッション

父の赴任により幼少期をブラジルのバイーア州サルバドールで過ごす。
東京の大学卒業後、1年間ブラジルで留学し、パーカッションを始める。
1996年帰国後より様々なバンドで演奏活動を行っている。
ブラシを楽器の胴の中に入れて演奏する珍しいタンタン奏法は自らのオリジナル。
posted by higashino at 13:16| Comment(2) | 出演者プロフィール

2014年03月25日

寺前浩之 (バンドリン)プロフィール

teramae1.jpg

寺前浩之 (バンドリン)

大阪府出身。
12歳よりギターを始め、京都外国語大学在学中にジャズと音楽理論を学ぶ。
上京後、クラシックギターの道へ。
いくつかのコンクールに入賞後、1992年スペインに渡り、
今は亡き巨匠ホセ・ルイス・ゴンサレスの元で学びつつ各地でコンサートを行なう。

1996年に帰国後はブラジル音楽を中心に演奏活動を展開。
2000年、ミュージカル「ラ・マンチャの男」に「ギター弾き」の役で出演。
2004年、ギターソロCD「VAGABOND」発表。
2005年以降はバンドリン奏者として様々なユニットで活動。
2008年、平倉信行(ギター)とのデュオCD「ブラジル音楽帳」発表。
近年はヴィオロン・テノール(テナーギター)の演奏にも力を入れている。
2012年、テナーギターソロCD「BACH On Tenor Guitar」発表。

http://blog.goo.ne.jp/treme-treme/
posted by higashino at 02:44| Comment(0) | 出演者プロフィール

2014年02月26日

須古典明プロフィール

須古典明(g)

sukonoriaki.jpg

1956年1月生 佐賀県出身高校の頃よりギターを始める。福岡大学中退後、福岡スコッチバンクでプロデビュー。25才で上京、主に六本木のパブレストラン等でDUOにて活動。中山英二クインテッドで1年間活動後フリーとなる。都内ライブハウス、ホテル、レストラン等に於てSOLO、DUO、TRIO、QUARTET等、様々なフォーマットで活動すると同時に映画音楽のレコーディングやネッスルジャパンのコマーシャル用CDのレコーディングにも参加する。2000年には自己のオリジナル曲ばかりを集めたリーダーアルバムも発売。エレクトリックギター、アコーステックギター共に弾きこなし、ブルース、ジャズ、ボサノバを得意とする。最近では、自己のオリジナルやビートルズナンバー、日本の童謡等を自己のアレンジにて、演奏する機会も多い。ハートフルで透明感のあるサウンドを目指している。
posted by higashino at 14:14| Comment(0) | 出演者プロフィール

2014年01月29日

花井ゆき、おのぐちつよし、プロフィール

yuki_hanai.jpeg

花井ゆき(ヴォーカル)
naomi & goro に影響を受け、2011年からブラジル音楽を中心に演奏活動をはじめた大学生。
普段はsiestaというデュオで歌を担当している。
大学ではジャズサークルに所属しており、歌う曲はボサノヴァ、ジャズ、ポップスと幅広い。


onoguchi.jpg

おのぐちつよし(ギター)

13歳の時に独学でエレキギターを始め、17歳の頃よりオリジナルソングを弾き語るようになる。フィンガーピッキングを得意とし、カントリーブルースやラグタイムなどのソロギターも演奏するようになるが、当時たまたま聴いたバーデン・パウエルのCDを聴き、大きく影響を受ける。
1996年〜1998年 岡村誠史氏に7弦ジャズギターを師事。同時期、畑上良文氏にクラシックギターを師事。
現在はブラジル音楽を中心に活動中。歌にそっと寄り添うような美しいコードワークに定評がある。
posted by higashino at 04:39| Comment(0) | 出演者プロフィール

2013年11月28日

斎藤彰子 & 山崎岳一 Duo プロフィール

斎藤彰子 & 山崎岳一 Duo

2013年夏より活動を開始したクラリネットと7弦ギターによるデュオ。ブラジルの古典器楽音楽choro(ショーロ)を中心に、ボサノバやオリジナルも演奏。木管とギターの柔らかなアンサンブルで、心地良い音空間を演出します。

passarinho_saito.jpeg

斎藤彰子(さいとうあきこ)/クラリネット 
武蔵野音楽大学卒業。同大学ウィンドアンサンブルでアメリカツアーに参加、ミッドウェストクリニック出演。その他、オーケストラや室内楽などでクラシック演奏を学ぶ。小・中学校の音楽科講師と6年間の音楽教室でクラリネット講師を経て、現在はショーロ(ブラジル音楽)や「ちんどんバンド☆ざくろ」を中心に演奏活動を展開している。また、小・中・高校のブラスバンドやオーケストラのトレーナーとして後進の指導にあたる。2012年には第22回日本クラシック音楽コンクールにて優秀指導者賞を受賞。所属する「ちんどんバンド☆ざくろ」では、2009年と2013年にニューヨークで行われた「JAPAN DAY」「SAKURA MATSURI」に出演の他、タイムズスクエア内のレストランやイベントスペースでライブを行った。  

斎藤彰子BLOG・・・http://ameblo.jp/aki-zakuro


passarinho_yamazaki.JPG

山崎岳一(やまざきたけかず)/7弦ギター
15歳で本格的にギターを始め、高校卒業後、ミュージックカレッジ・メーザーハウスにてギター、音楽理論、アレンジを学ぶ。その後、フォーク、ロック、ジャズ、ブルースなど様々な音楽活動を経て、2003年秋からサンバ、ボサノバなどのブラジル音楽に傾倒。2004年からはそれまでのキャリアの全てを捨ててブラジル音楽に専念する事を決意。鍵盤ハーモニカと7弦ギターのデュオ・coloを筆頭に、ショーロ、サンバ、ボサノバの分野で活躍し、多彩なアーティストたちとの共演を重ねている。2012年3月にはcoloの1st CD『Escaleta e Violao』をリリース。各音楽誌で高い評価を受けた。演奏活動の他、ギター教室を主宰し、後進の指導にも力を入れている。笑い声が豪快。


山崎岳一BLOG・・・http://psansmusic.cocolog-nifty.com/
posted by higashino at 15:06| Comment(0) | 出演者プロフィール