2019年05月01日

藤村ケイコ、かんのたかし、中村かるろす、プロフィール

image-1.jpeg

藤村ケイコ
学生時代より様々なジャンルのバンドにキーボードとして参加。
子供の頃に習い始めた電子オルガンの指導者となる。
ジャズを勉強中にブラジル音楽に出会い、独学でギター弾き語りを始める。
現在はピアノ、ギター両方の弾き語りでライブ活動中。
レパートリーは、MPBを中心にボサノヴァ、ノルデスチ、ファンクなど多岐にわたる。

image.jpeg

ーーかんの たかし ーー
ベース/カヴァキーニョ奏者
1980年代、はエレキベースプレイヤーとして、スタジオワークやポップス系のサポート。2000年以降は、ウッドベースプレイヤーとしてJAZZを基調としたライブ中心の活動をこなしている。
近年は、ブラジルの音楽が持つ多様性…リズムの変化に傾倒しており、サンバ系カヴァキーニョ奏者としての側面を持つ。
四弦楽器の響き・・・スペース感、コード感を活かした、グルービー、かつメロディアスなプレイが身上。


image-2.jpeg

中村かるろす
ブラジル、サンパウロへの二年間の在住期間にブラジル音楽にハマり、Welington Moreira Pimpaに師事、パーカッション、ドラムを習う。帰国後修行期間を経て2018/10よりライブ活動を開始。パーカッションは主にパンデイロ、タンタン使用。サンバ、ボサノバ、ショーロが好きです。
posted by higashino at 23:33| Comment(0) | 出演者プロフィール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。