2017年02月02日

吉野幸子、大久保はるかプロフィール

1.jpg

吉野 幸子(g.vo)
大学時代にブラジル音楽を聞き始め、卒業後ライブ活動を開始。
2005年ごろからギターを引き始め、弾き語りスタイルでの演奏活動を開始する。
2007年初リーターアルバム『Estrada Branca』発売。
2011年セカンド・アルバム『João E Maria』発売 。
現在は、都内のライブハウスやレストランを中心に出演・活躍中。
他ら、「Samba Songbook」や「すぐに歌えるボサノヴァ」などの出版・製作にもたずさわる。

http://www.sachiko-yoshino.net


okuboharuka.jpg

大久保はるか(フルーティスト)

12歳よりフルートを始める。玉川大学芸術学科フルート科卒業。その後、ヤマハ・ポピュラー・ミュージック・スクール・フルート科の講師を勤める。1993年、イギリスに留学。フルート教本などで世界的に知られているトレヴァー・ワイ氏による<THE STUDIO>の演奏家課程においてクラシック奏法はもとより、ジャズ理論に基づいた即興演奏に至るまで幅広く習得する。留学中に触れたアントニオ・カルロス・ジョビンの音楽に深く感銘し、帰国後ボサノヴァ、サンバなどのブラジル音楽を中心とした演奏活動を開始する。各種イベントやライブハウスにおいて加々美淳、ヴィウマ・デ・オリヴェイラ、ダミアォン・ゴメス・デ・ソウザらと共演。また自己のグループ “Haruka Okubo Trio” としてアルバム 『Olha Pro Ceu』 『Classic In Bossa Nova Flute』 を発表。楽譜では 「ギターとアンサンブル ボサノヴァ・フルート」 1〜3巻、「ザ・プロフェッショナル・ボサノヴァ・スタンダード・ソングブック」 「ボサノヴァ・フルート・アドリブ入門」 (以上すべて中央アート出版社刊) など著書17冊。2008年夏にイギリスで開催された英国フルート協会主催 「第六回 インターナショナルコンヴェンション」 にアーティストとして公式招待されボサノヴァ、サンバを演奏した他、公開レッスン How to play bossa nova,improvise and play jazz を行った。今までにフルートを大田哲弘、宇野浩二、佐々木親綱、トレヴァー・ワイ 各氏に師事。ジャズを先崎里美、大野憲一郎 両氏に師事。またウィリアム・ベネット、工藤重典、中山早苗、バルトルド・クイケン (バロックフルート)、パトリシア・モリス (ピッコロ)、クリフォード・ベンソン (室内楽) 各氏より指導を受ける。

http://www.haruka-okubo.com/
posted by higashino at 19:24| Comment(0) | 出演者プロフィール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。