2016年11月28日

野沢知子 & 須古典明 プロフィール

15050120_1222603247794804_848688585_n.jpg

野沢知子(ボサノバ弾き語り)
栃木県小山市出身

ブラジル人歌手Wilma de Oliveiraに師事。
2000年よりライブ活動を開始。2005年に1stアルバム「エンコントロ」を発表。世界的に知られるギタリストのトニーニョ・オルタが参加し話題となる。2010年に2ndアルバム「幸せの花」を発表。

2016年10月には野沢知子と重久義明の共同プロデュースで、日本のサンバシーンの偉才、DEN & COKKY の2人をゲストに迎えた、3rdアルバム「Meu lugar é aqui(ここが私の場所)」を発表。

女性らしさに溢れ平和を感じさせる優美な声、笑顔のパフォーマンスが聴く者の心を幸せにする



15032525_1222603251128137_1751110779_n.jpg

須古典明

佐賀県出身。高校の頃より独学でギターを始める。
福岡大学中退後、福岡でプロデビュー。
25歳で上京後現在に至る。
2010年、横浜モーションブルーに自己のトリオで
出演するなど、東京 横浜を中心にライブ活動中。
近年はナイロン弦アコースティックギターを使用して、
ジャズベース界の重鎮古野光昭氏とのDUO,
自己のTRIO、ボーカリストとのDUO、ソロギター等
様々なスタイルで活動中。

自己のアルバムはカルテットによるオリジナル集「心象風景」
童謡をアレンジしたソロアルバム「シャボン玉」
ベースの永塚博之氏とのDUOによる「木々の囁き」の3枚。

参加アルバム多数。
posted by higashino at 10:35| Comment(0) | 出演者プロフィール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。