2017年08月29日

10月ライヴ/イベントスケジュール

10月1日(日)
Tomi(g,vo)
open 17:30 / start 18:00 2ステージ
charge 2500yen(1ドリンク込み・税別)

10月8日(日)
筒井タケオ(g,vo)千田利貞(per)鈴木康恵(fl)
open 17:30 / start 18:00
charge 2700yen(1ドリンク込み・税別)

10月15日(日)
野沢知子(g,vo)重久義明(key)
open 17:30 / start 18:00 2ステージ
charge 2500yen(1ドリンク込み・税別)

10月22日(日)
Tardinha:izaura(vo)ノヴ吉田 (g,vo)太子きよ(key)
open 17:30 / start 18:00 2ステージ
charge 2500yen(1ドリンク込み・税別)

10月29日(日)
Trio Contra o Vento
東輝美(g,vo)マツモニカ(hrm)飯島ゆかり(per,cho)

open 17:30 / start 18:00 2ステージ
charge 3000yen(1ドリンク込み・税別)

Tardinhaプロフィール

tardinha1.jpg

izaura (いざうら)/ ヴォーカル

仙台市出身。ピアノやバンドを経験し、ボサノヴァを歌いはじめ、ギターのガロート川村と仙台を中心に活動。ポルトガル語を大槻ヴァレリア氏に、発声をテノールの松尾英章氏に、パーカッションを齋藤寛氏に学ぶ。その歌声は、凛とした美しさが魅力である。
2010年、ノヴ吉田とファーストアルバム「Tardinha」で日本語のボサノヴァを発表。横浜や東京でも活動を広げ、ギター木村純、ピアノJonathan Katz、尺八BruceHuebnerをはじめ、クラシックギター松田弦、ピアノ中村真、ギター助川太郎と共演し、さまざまなジャンルの音楽家と交流する。
2011年には、青森在住のギター菅野拓也とアルバム「素朴で美しいもの」で日本語のオリジナル曲を発表。その中の「風花こんこ」は、復興の歌として合唱曲としても歌われ、独唱コンクールの課題曲にも採用された。2014年3月、8人編成による「森のもの舎クラブバンド」のオリジナルアルバムを発表。
ボサノヴァやブラジル音楽と並行して、作詞やオリジナル楽曲の制作と演奏にも力を入れ、新たな自分の表現にも挑戦している。
2014年4月、活動の拠点を仙台から東京に移す。


tardinha2.jpg

ノヴ吉田 / ギター・ボーカル

宮城県出身。学生時代はブルース、R&Bバンドでベースを担当。ヤマハ主催のロックジャム東北決勝大会で最優秀グランプリを受賞。解散後上京する。
カントリーブルース、なかでもBig Bill Broonzyのナンバーなどを中心に都内のライブハウスで演奏活動のかたわら、NYパンク、レゲエ、ダブ、ネオアコのムーブメントに傾倒する。
阿波踊りのお囃子も数年間参加した。ジョアン・ジルベルトのコンサートに衝撃を受け突如ブラジル音楽にはまる。2010年、歌手のイザウラとのユニット「タルジーニャ」で初アルバムCD「Tardinha〜夕暮れ〜」をリリース。現在オリジナル音楽を中心に都内で活動中。

15253417_908718752596878_7419153292523792072_n.jpg

太子きよ

幼少からピアノ、14歳からエレクトーンを始め、講師として音楽に携わる。
2010年、ホサノバギターリスト木村純氏との出逢いをきっかけに、演奏をお客様に届ける素晴らしさを感じライブ活動を続けている。
posted by higashino at 21:47| Comment(0) | 出演者プロフィール